刑務所の面接とは?

この記事の所要時間: 050


受刑者の身の上調査などを行う分類面接とは

刑務所内ではたびたび面接がおこなわれる。身元引受人に関する事や、過去にどんな仕事をやっていたか、どんな作業をしたいかなどを受刑者から聞き取り、彼らに適切な配役を与え、更生への手がかりとするための面接だ。

当然、特定の仕事に長けていたり、資格や経験があると、それを活かす工場に優先的に配役される。

しかし、刑務所にもよるが、多くの刑務所の工場では木工加工やクリーニングなどが主で、あまり受刑者の希望が通ることは無い。

「希望の刑務所はあるかい?」と刑務官が聞いてくる。

しかし、例えば「自分は北海道出身なので札幌刑務所に行きたいです」と答えても「あそこは再犯者用だから初犯のお前が行けるわけないだろ(笑)お前は長野(刑務所)だな」と言われることもある。

そもそも初犯の受刑者が刑務所に詳しいわけもなく、答えられるわけがない。

じゃあ最初から聞くなって話だ。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする