刑務所の食事・檻メシ徹底解説!技官の栄養士の指示下で受刑者の食事を日々調理し配食するのは調理担当の受刑者たちだった。ところが民間委託するムショも出てきた!

当ページの記載内容につきまして、元受刑者の方からご意見を二件いただきましたので、ご意見につきまして一切改変せずにページの後半に全文掲載させていただきました。ご意見につきましてこの場を借りてお礼申し上げます。ぜひご意見をお寄せください。

ネット上でも勤労者かつ納税者の人々が、おそらく気になっているであろう『刑務所の食事』。自分たちが納めた税金が刑務所の受刑者たちに対してどのように使われているか、興味がわくのは筆者も然り。

当サイトでは彼ら受刑者の食うメシを『檻メシ』と呼ぶが、彼ら受刑者はどんな檻メシを喫食するか、出来うる限り、調べてみた。

ムショの檻メシ事情は堀江貴文氏や、漫画家の花輪和一氏など実際に収監された著名人などの手記や作品で垣間見える場合が多い。

では、そんな刑務所の檻メシをじっくりご紹介しよう。

刑務所の食事…いわゆる檻メシ、獄メシをめぐるホントのお話。まずは炊飯から。



スポンサーリンク

刑務所のメシ炊きは炊場(すいじょう)工場で行う

受刑者の日々の食事を調理し、各房まで配食するのは調理担当の受刑者、その名も『炊夫』たちだ。彼らは炊場(すいじょう)工場と呼ばれる所内の調理施設にて栄養士である技官の指示のもと、何百人もの受刑者の胃袋を満たすため、日々食事作りに励んでいる。

実は刑務官の食べる『官炊』と呼ばれる食事を作っているのも、彼ら炊夫たちだ。当然、何かを入れられたりしないように厳重に監視されて調理されている。

朝飯質素、夕飯豪華の檻メシ

さて、所内の吹所で調理されたメシは台車によって各雑居房に炊夫によって運ばれ、房のドアに設けられた小窓から房内の『配食係』の受刑者が受け取り、それぞれの受刑者に配膳をしてゆく。

各雑居房には房長がおり、毎回、房長の「いただきます」の声で喫食開始だ。

3食の中で一番質素なのが朝飯だ。週に何度か、大きなパン、バターとチョコクリーム、ジャムが付くパン食の場合もあるが、やはり、みそ汁に漬物、麦飯の和食が基本となる。麦の混ざった飯、二十五グラム前後のおつけものが載った小皿、ねぎやわかめの汁椀、 それにふりかけやお茶が付くだけ。

受刑者の大多数が工場にて刑務作業を行うため、昼飯は通常、工場内の食堂で喫食だ。こちらは自分で配膳をしなくても、炊夫が配膳してくれているので楽。

夕方になり、刑務作業を終えると風呂に入り、舎房に戻ったら夕食になる。夕食はやはり3食で一番盛りが多く豪華だ。ハムカツ、ラーメン、豚丼、美味いものが盛りだくさんだ。

刑務所内での食事の作法

刑務所のメシはおかわりできない。また、ほかの受刑者同士でおかずなどを交換したり、あげたりもらったりすることも不正授受となり、許されない。ただし、一部の嫌いなものについては残してもかまわない。房の前までカートで運ばれた食事を配食係から受け取ると、居室内での配膳は受刑者が分担して行う。

当然ながら刑務所の食事は主食が麦飯

麦7、米3の割合で、麦飯が主食である。糖尿病患者が麦飯を食べると、血糖値を下げ劇的に症状を改善させるなど、近年では麦の健康的有効性が確認されている。食物繊維を非常に多く含んだ麦飯のパワーには恐るべきものがあるのだ。

檻(オリ)メシは味付けが薄いのが特徴

麦飯だけじゃあない。さらに檻メシの特徴はその味付けの薄さだ。堀江隆文が出所後すぐに食べたのはマックのハンバーガーだったそうで、刑務所の中の薄味の食事に慣れた身には、数年ぶりに食べたその味付けの濃さがきいたという。

ところが、実は過去に、宮城刑務所でマックが出た例もある。

朝日新聞によれば、2007年には宮城刑務所の受刑者へ「社会の空気に触れてもらう」という刑務所長の発案から、食事にマクドナルドのハンバーガーを出したこともあるのだそうだ。刑務所でマックが食えるなんてマジメな納税者よりも受刑者たち自身が、さぞびっくりしただろう。

当然、これは個別の刑務所長の裁量による特例措置。法務省の正式な措置ではないので、どこの刑務所でも行われるということではない。

典拠元 朝日新聞公式サイト

http://www.asahi.com/komimi/TKY200712180176.html

檻(オリ)メシは意外と豪華

最近では粗食だったり肉を食べない方がむしろ健康に悪いという一部の学者もいるが、刑務所にも、きちんと管理栄養士の資格を持った技官が配置されており、受刑者には成人が一日に接種すべきカロリー平均に基づいて、食事が提供されている。

しかし、祭事の季節ともなれば意外と豪華な檻メシも出るのが刑務所の実情で、カツカレーなど豪華なメニューもある。但し、お約束として麦飯であることは言うまでもない。

季節や行事ごとに出される特別なメニューについて

刑務所の食事といえば、貧相なものと一般的な常識だが、特別な日には特別な食事も供されることになっているのも事実。

例えば、2月のバレンタインデーにはチョコレート、三月のひな祭りはひなあられ、五月には柏餅、彼岸にぼたもち、土用の丑の日にはウナギ、九月は月見団子。十二月ともなれば、クリスマスケーキも供される。さらに誕生日(誕生月)には特別メニューも供されている。

そして、受刑者にとって最大の楽しみは正月のおせち料理だろう。

特食と呼ばれる甘い食い物(アマシャリ)

なお、刑務所では「甘いもの」は出ないとよく言われるが、そんなこともない。甘い菓子は通称アマシャリと呼ばれており、フルーツポンチも出るし、コーラも出る。

刑務所ではこれらたくさんのアマシャリが出ているのが実情だ。とくに普段の態度がくそまじめで優秀と認められる模範受刑者は、講習会というお楽しみ会において、お菓子やジュースの喫食も許されている。

ただ、その場合のお菓子については刑務所からの無償供与ではなく、受刑者が日給100円程度で自ら働いたお金で買ったお菓子である。刑務所にもよるが、内容は300円から500円程度のお菓子で、チョコレートやせんべい、ゼリーやプリン、クッキーなど。「なんだ。刑務所の受刑者も結構、甘いものやお菓子を食べてるんじゃないか」と思う方もいるかもしれないが、生活態度が真面目な懲役に限ってはまぎれもなく事実である。

このような模範的な受刑者、つまり優良受刑者の評価は毎年四月と九月になっており、大多数の受刑者はみんな自分の評価が上がることを期待して、真面目に懲役を務める。

刑務所でコーヒーが飲める?

また、刑務所でもコーヒーが全く出ないわけではなく、年に数度、缶コーヒーとして配給される。普段、コーヒーなどすっかり絶ってカフェイン抜きしている受刑者たちにはコーヒー一杯でも眠れなくなって困ることがあるという。

刑務所とコーヒーの話としては、刑務官が受刑者を自分に懐かせるためにお菓子やコーヒーを不正に与えて処分されたという不祥事が近年、起きている。

当然ながら、刑務官が受刑者に私的な施しをすることはご法度。バレれば処分、バレなければ良いという話でもない。

果物も冬場はとくに多く出される。

逮捕されて刑務所に収監された堀江貴文・元ライブドア社長によれば、とくに冬場はオレンジなど柑橘系の果物がヘビーローテーションで配給されるとのこと。

堀江氏はコストが安いからではと推測しているが、数日に一回は出ている感じがしたとのことだ。

余談であるが、女子受刑者へバナナが配給される場合、一本丸ごとではなく、 半分に切った状態で供されているのが実情だ。食用以外の目的に使用させないためである。

アマシャリで遊ぶ受刑者たち

また興味深いのはアマシャリで遊ぶ受刑者もいるところだろうか。食い物で遊ぶなんて、日本人であれば忌避したいところだが、塀の中ではそれすら娯楽にされているといったところか。

2006年に放火の罪で逮捕され、懲役10年の判決を受け収監されていた”くまぇり”こと平田恵里香受刑者の”手記マンガ”によれば、甘シャリを”団子にした麺”で包んでマンジュウみたいにして食べるのが乙だという。

袋めんが出たときは袋のまま、手で揉んで団子状にしてスープへ投入し、”すいとん”風にして食べるのも乙だという。このように受刑者は日々の何気ない日常を彩るために3色の食事においても創意工夫しているようである。

逆に刑務所で出ない食事ってのは何 ?

北海道の月形町にある月形刑務所では2013年、500人が食中毒になった例もあり、刑務所規模の人員数で集団食中毒などがひとたび発生すれば、大変なことになる。

自衛隊の食堂では集団食中毒を考慮しながらも刺身が出されているが、刑務所では刺身などの生ものは出ない。集団食中毒の防止を念頭に置き、生卵、刺身など生ものは正月でも絶対に出さない方針が取られている。

檻メシに対する受刑者たちの不満

無料で食事を食っているくせに何で不満を言うんだと塀の外から指摘もされているが、ともかく受刑者からは食事について不満があるようだ。中でも「プリンをハシで食うのはちょっと」などの声がある。

これまで刑務所内の食事では、箸のみで、金属のスプーンは安全面から使うことを許されなかったが、現在では改善され、紙製のスプーンが渡されている。他にも冬季は食事が冷たいとか、配食の公平性に掛けるとか、高齢者はネーブルオレンジの皮を剥きにくいなどの不満があるようだ。

これらの不満は有識者からなる「刑事施設視察委員会」の活動報告(平成26年度分)で明らかになったものだが、刑務所の事務をつかさどる法務省矯正局では、7割以上の不満に対して”前向きに改善する”としているようだ。

檻(オリ)メシにはランクがある?

さて、配食の公平性の問題であるが、事実として刑務所の食事には受刑者の職種によって盛りに違いがある。

ABCと3種類のランクがあり、それぞれ立ち仕事や通常の作業の者、作業に出ない者用にカロリーの面から食事の量が違うのである。

工場勤務で立作業の受刑者には最も高い2620カロリー分のメシの量が供されているが、これは一般の成人が必要とする最低限のカロリーである。

背の高い受刑者にはさらに盛りが多くなる。ただ、見た目にはあまり変わらないようである。

食事のカロリーが足りないとして受刑者に国が告訴された

なお、2014年に刑務所に収監されている受刑者が、刑務所の食事のカロリーが不足しているとして国を訴えた。この受刑者はカロリーが少ないために体調不良になったとして、国に対し150万円の賠償を求めたということだ。

そして甲府地裁は国の過失を認めて精神的損害に対する慰謝料として国に10万円の支払いを命じたそうだ。

なお、この男性受刑者には奥歯がないことにより、噛むのは困難だという理由で主食にお粥が2年間供されたとのこと。

刑務所内で特別待遇を受けている一部受刑者たち

日本の刑務所の場合、一度収監されると受刑者は、例え有名人や政府高官、それに政治家など高位な人間であっても、一般受刑者と同じ扱いを受けるというのが建前だが、実情は一部の有名な受刑者は単独房に隔離され特別待遇になっている。

それは檻メシにもあらわれており、刑務所の中で受刑者たちが食べている食事も実は全員同じではない。例えば、イスラム教の信者などには豚肉の入らない特別メニューが供されていいる。

これについては2014年、松島みどり法務大臣自らが「逆差別でずるいんじゃないか」と発言し、物議をかもしてもいる。

典拠元
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000416220050330008.htm

そしてもう一方、特別待遇の受刑者がいる。それが在日アメリカ軍の兵士。アメリカ軍の兵士や軍属などが犯罪を犯した場合、日本の刑務所に入ることも間々あるが、米兵もまた特別扱いをされており、日本人受刑者ならば週に3回しか許可されぬ入浴も、米兵は毎日シャワーが許可される。

さらには食事も肉が多く出たり、さらにはアップルパイやチェリーケーキ、牛乳、コーヒーも在日アメリカ軍から現物で刑務所へ届けられているなど特別な措置が取られている。

これは2006年に明らかになったものだが、収監米兵への米軍からの差し入れの受け入れは刑務所長に許された「裁量権」で許可してるわけではなく、日本政府が政策として行っているアメリカへの忖度だ。

一般人が刑務所の檻メシを食えるのか?

前述したように、刑務所の食事はカロリーも低く抑えられており、普段のメニューはとにかく質素だ。こんな刑務所の食事、すなわち檻メシを食べたいなどと思う一般人は少ないだろう。

だが、食いたいと思っている一部の人間もいる。これまで、刑務所の本物の食事は受刑者と刑務官、それに視察の議員などしか食うことが出来なかった。

北海道網走市にある博物館の『網走監獄』では監獄食と銘打って『現在の網走刑務所の受刑者が食べている食事を再現した食事』を喫食体験できるが、刑務所が民営化されている現在では一般人も刑務所の”本物の”獄メシ、檻メシを食うことが出来る。

それが山口県美祢市で全国初のPFI方式を使った刑務所として開所した民間刑務所こと「美祢社会復帰促進センター」内にある見学者向け食堂である。

受刑者が実際にその日食べているメニューと同じ食事が「美祢定食」(370円)として喫食できるのだという。もちろん、バクシャリであり健康に良い。ただし、限定20食の数量限定。

ほかにも各刑務所匂いて毎年一回行われる「矯正展」にて実際の食事が喫食できる体験ベントが行われる場合もあるので要チェックだ。

2016年から給食を民間委託する刑務所が出てきた

このように、ムショの獄メシは受刑者自らによる調理とは異色だったが、時代の趨勢から民間委託が増えているそうだ。民間委託の理由だが、経費削減のほか、食中毒防止というものが目を引く。

加古川刑務所(兵庫県加古川市)は3月1日から、受刑者への給食業務を民間に委託する。全国の多くの刑務所や拘置所では受刑者が調理を担当するが、毎年のように食中毒が発生している。法務省は衛生管理強化の一環で入札を実施し、同刑務所を含む3施設への一括委託を決めた。従業員は地元で採用するほか、落札価格は従来の予算規模を下回り、経費面でも効果が期待できるという。

典拠元 神戸新聞 https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201603/0008849519.shtml

また、高齢の受刑者が増えることで炊場工場に出役させられないという懸念も出てきているようだ。

受刑者高齢化…自炊できぬ 刑務所の給食、来年から民間委託 法務省

典拠元 産経新聞 http://www.sankei.com/west/news/140513/wst1405130024-n1.html

いずれにせよ、刑務所と自衛隊の給食は自前で作るというのが基本だったが、今後は変化することになりそうだ。

檻メシまとめ

このように意外と多岐にわたる檻メシの各種メニュー。収監されていた受刑者の手記を読む限りではある意味、一般社会で暮らす我々が普段食べているものと、たいして変わらないのではないかと思えるだろう。

ただ、味の感じ方や好き嫌いは人それぞれだが、実際に収監されていた元受刑者の一部からは、とくに堀江貴文氏の様な著名人の元受刑者の檻メシに関する肯定的な発言に対して「刑務所の食事が美味いわけないだろう。話を盛るな」という声も聞かれる。また、過去には予算の面から出されていたメニューも、近年の予算削減で全く出なくなったこともあるという。

いただいた複数のご意見について

当ページに対してご意見をいただきましたので下記に掲載させていただきました。

記事を読ませていただきました。
自分はホリエモンと同じ長野刑務所(初犯かつ短期刑囚の収容)に
2012~2014年の2年ちょいの間、収監されていました。
出てきてからいろんな媒体の刑務所話に興味をもちネット検索したんですけど
「古い時代にあったが今は存在しない過去の話」「芸能人収監者などの『盛った話』」が非常に多く
現状とは全然違うと思う事が多いです。
もちろん収監された時代や、各刑務所にも個性があるので、一概にこうだという話はできないのですが
明らかに誤解を生む情報の多さにびっくりしているところでもあります。
基本的に現在の刑務所の動向は、全体的に「予算の縮小傾向」にあります。
少し前までは割と「刑務所でこんな贅沢していいの?」とか優遇されていた事も
どんどん中止や縮小されているのが実情です。
私が収監されていた2年ちょいの間ですらどんどん優遇は悪化していっている印象を受けました。
(例えば居室の布団の交換時期の延長や、食事のおかずが同じ品目でも小さくなったり劣化したり、イベント事の縮小化など)
なので私も2012~2014の2年間しかいませんでしたが、少しは意見を参考にしていただけないでしょうか?
例えば「食事」の項目だけでも、これだけの違いがあります。
> 朝食にバターとチョコレートクリームのついたパンが出る
朝食は基本的に麦飯+小皿(漬物やでんぶ、ミニ納豆など)+味噌汁の質素なメニューでパンはでません。
パンは2週間に1回程度、「夕食」に出ます。またその際は小袋の各種ジャム(もしくはマーガリン)が1つ付属するだけで「バター」は絶対でません。
> 夕食にラーメン
シャバで出るようなものではありません。小学校の給食で出るソフト麺と汁を足してできるようなものが「昼食」限定で出ます。
工場で作業中に係の者が、かなり前から用意するので、みなが昼食にありつく頃には汁も冷め、麺は伸びきっています。食えたものではありません。具も貧素。
> 刑務所でマック
そんなもん本当の本当にレアな実験みたいなもんで、通常そんなシャバの食事ができる事などありません。歴史的なレアケースの話であり
そんな試みがちょいちょい行われているみたいな印象はもたれたくないです。
> カツカレーなど割と豪華な飯も
2年間で1度も「カツカレー」なんて出ませんでした。カレーの時はカレーのみです。(毎週月曜日昼飯は決まってカレー)
また「豪華な食事」も出ません。「とりのからあげ」というメニューが希に登場し、人気メニューだったのですが
最初はコンビニで売ってる「ファミチキ」くらいの四角い鳥モモ肉を揚げたものが出たんですが
途中からサイズはその四角い肉を斜めに切った「三角形の肉」(もちろん大きさは前の半分)、かつ、モモ肉→ヘルシーなパッサパサの胸肉に変更という
大幅な「グレートダウン」が存在しました。基本的にこんな感じでおかずの質はどんどん経費カットが進んでいったのが現状です。
そもそも「肉」そのものが滅多にでない!出ても非常に質の悪いゴリゴリの肉です。
> 行事の特別食
基本的に国の定めた祝祭日(カレンダーで休日)には100円程度の菓子(特食)が出ますが
それ以外の行事(カレンダーで通常日)には、何も出ません。(例外はクリスマスですが、ほぼスポンジだけの小さなケーキが出るだけです)
バレンタインチョコ、ひなあられ、月見団子、ぼたもち、ウナギ→都市伝説です。絶対でません。(かなり昔は小さいウナギとか出たみたいですが現在はありえない)
例外として「刑務所」では絶対出ませんが、刑が確定する前、もしくは死刑囚が収監される「拘置所」ではイベント日に菓子が出たりします。(バレンタインにチョコなど)
> 甘シャリ
通常の食事メニューでは一切でません。記事にある模範囚のみが参加できる集会で自費購入できる菓子と
前述の「祝祭日」に出る特食しか甘味を口にする事はありません。
> コーヒーが飲める
年に1回「花見」と呼ばれる運動場での集会があり、そこで缶コーヒー1本とどら焼きが食えます。これは誰でも無料で配布。
それ以外では模範囚集会の自費購入以外でコーヒーを口にする事はありません。
・・・とまあ食事の項目だけでも実情はこんなに違うんです。ウナギなんか絶対でない!甘シャリも貴重なもので滅多に口にできない!
年末年始の特食も年々グレードは下がってきている印象があり、映画「刑務所の中」で公開されているような豪勢な内容・量のおせちは出ません。
その手の特食は外注になるんですけど、年々内容は貧素になってて、せいぜいちょっと豪華なコンビニの幕の内弁当レベルのものがでるだけです。
ちょっとでも記事の参考にしていただけたら光栄です。では・・・

2017年10月07日、さらに御意見をいただきました。

はじめまして。
2015~2017年にかけてPFI刑務所の一つである喜連川社会復帰促進センターに入所していた者です。
檻メシの記事とそれに対する意見を読ませて頂きました。

他の事柄にもよりますが、この手の処遇については施設によるとしか言いようがありません。
他の施設に職業訓練へ行った同衆や他の施設から移送されてきた者(26歳で少年刑務所から移送や不良移送など)からそれぞれの施設の実情などを聞くと、同時期であっても施設によってだいぶ違うなと言うことが多いです。

例えば自費購入できる菓子(優遇菓子)の喫食方法は、一般的には集会などで配られその場で食べなければならない施設が多いようですが、喜連川の場合土曜午前に一斉に配られ、月曜朝食空下げ時まで居室内で食べることができます。
そのため、担当のオヤジ次第ですがたいていの工場では同一雑居内の優遇区分は統一していることが多いです。
不正授受の温床になったり妬み僻みを助長することになりますので。
3類は3類だけの部屋、優遇菓子がもらえない罰開け(4類5類)と未類はひとまとめ、など。

あと甘シャリや特食について、特食には基本的に甘シャリは含まないと言う認識でした。
甘シャリは通常の食事に出てくるヨーグルトやぜんざい、きな粉など甘い味のおかずやデザートのことです。
一部の受刑者(少年刑務所上がりなど)は、シャリに混ぜて増量などやっていたりもします。
そして祝日菜と呼ばれる特食はカレンダー通り祝日に100円程度のお菓子が出ますが、行事や特別な日に出てくる特食は
・クリスマスイブにケーキとペットボトルの炭酸飲料
・誕生日会のケーキ(もしくは菓子パン的なもの)とコーヒーまたは紅茶・
運動会の日にお菓子・
年末年始のお菓子セット
以上です。
バレンタインなど祝日ではない行事には基本的に何も出ません。
季節的な特食が出たとしても、祝日菜としてそれっぽいものが出る程度で、たいていの場合普通のスナック菓子などの方が量も多く柏餅などは概ね不評です。

おせちは恐らく外部の業者から仕入れた仕出しのものが出て、年に一度の貴重な生の魚介類が入ってますが、食中毒対策なのでしょうか素材の味がまるでわからないぐらい酢に漬けられているので、酸っぱいだけでうまくありません。
それでも生で味わえるイカなどの食感に喜びますが。

普段の食事で肉料理は割と多く出ましたが、豚と鶏ばかりで牛肉は三が日にしか出ません。
食事の味付けはさほど薄いと感じませんでしたが、味噌汁や豚汁が減塩のためか驚くほど薄く、入所した当初は出汁や味噌を入れ忘れてるのではと疑ったほどです。
それもしばらくすると慣れてしまい、豚汁やけんちん汁などは野菜の甘みが感じられて却ってうまく感じたりします。
パンと麺は週に1度、決まった曜日の昼食として出ます。
魚は2週に一度金曜の夕食に出ます。
パン食の日は主食のパンがシャリの日と比べてカロリーが低いため、夕食のシャリが普段の2割り増しぐらいになります。
そしてとにかくカレーが多かった。
月に6~7回はカレーが出ますし、種類も豊富でした。
普通のカレー以外に野菜カレーやホワイトカレー、パンプキンカレーなど。
ただカツカレーは一度も出ませんでした。

喜連川は食事の味はハズレですが、メニューは色々と創意工夫しているようで、シャバでも食べたことのないちょっと洒落たメニューが出たりすることもあります。
味がハズレなのでお得感は薄いですが。
在所中に一度食事に関するアンケートがあり、多くの受刑者が嫌いだと言うレバーの調理法が変わったり、リクエストの多かった唐揚げが出るようになったり、改善しようと言う意思は感じるのですが、如何せん味がよくないのでなかなか不満は解消されませんでした。

ちなみに正月以外でも銀シャリが食べられる日と言うのも年に何度かあります。
炊場の工事や清掃の日です。
コンビニの一番質素な弁当のようなものが出ますが、シャリが銀シャリだと言うだけで問答無用で当たり扱いです。
麦シャリばかり食べていると銀シャリの甘みと香りが本当に嬉しいのです。

予算は確かに厳しいようで、一時作業報奨金での物品購入が大幅に制限されたりというとんでもない事態が起きたりもしたようですが、喜連川の場合は徐々にですが処遇面では緩和される方向になってきています。
例えば居室内でタオルを石鹸などで洗えるようになったり、制限区分(類ではなく種の方)が上がりやすくなったり、優良単独室(準解放居室)への収容者の区分が緩和されたりなど。
この辺りは時代の流れということもあるかもしれませんが、一番の要因は施設長やそれに準ずる人間がどのような決定を下すか、だそうです。
喜連川の場合は刑務所長ではなくセンター長という人間が施設長にあたりますが、彼は神輿のようなものなので、実質的にはその下にいる人間が方針を決めていると思いますが、その人間が在所中に変わったらしく、処遇面を緩和する方向に動いたという話をあるオヤジから聞きました。
なので方針を決める施設トップの方針次第で、処遇が厳しくなったり緩くなったりということが起こります。

時代の流れとしては行進時の声出しなどは縮小する方向になっています。
外部機関からの提言によってだそうで、運動連行以外では声出し(イッチニ!や連続歩調など)は原則しなくなりました。

あとPFIは半民間だから処遇が緩いとイメージされがちですが、そんなことは無いようです。
川越から移送されてきた複数の人間が、川越よりオヤジがうるさくて厳しい、などと言ってました。
根拠のない噂話に惑わされ、喜連川に来れたことに喜び実情を知ってがっかりした、という奴が多いです。
優遇区分も上がりにくいし、仮釈も率こそ高いですが期間は渋いです。

長々となってしまいましたが、施設によって、そしてその施設の長が誰かによって処遇は大きく変わるため、同じ施設であっても時期などによって結構違うことが多いよ、ということです。
刑務所は慣れてしまえば楽ですが、それでも貧乏だろうがなんだろうがシャバの方がいいです。

以上、檻メシについて二件の御意見をいただきました。ありがとうございました。
皆さんも『実際の刑務所の内情と違う!』と思ったらどんどん意見を送ってくださいませ。


スポンサーリンク